文化庁指定 登録有形文化財

BunkachoPlaque

創業は1920年(大正10年)の純和風旅館です。玉川の建物は事業の拡大に合わせ、その規模を拡大してきました。
  昭和 4年(1929年)第一別館竣工、
  昭和 8年(1933年)第二別館、
  昭和16年(1941年)本館、
とその当時の流行を取り入れながら増築され、現在に至っています。
これら3棟の貴重な建物は創業当時からのものであり、
国の歴史的景観に寄与しているもの」として国の登録有形文化財として登録されています。

船橋市内にある国の4つの登録有形文化財の内の3つがここにあります。

本館

重層的な構造の美が印象的な本館

当時 本館の建物の前が船着き場であったことから、
各階に欄干が設けられ、その上から浜辺が一望できた事が想像される。

各階の欄干から、居ながらにして浜辺が一望できました。


第一別館

Annex1

第一別館は入母屋造り平屋建てで、桁行に四室並べ、南から東西に縁をまわしています。
各室の床や室の境の欄間には数寄屋風の意匠が見られます。
部屋の内部では、東海道五十三次の風景が、ガラスの欄間と太陽からの灯りで、
黒色の細工のシルエットデザインとして見て取れます。

第二別館

Annex2

第二別館は料亭建築の好例です。
東西棟の入母屋造りの屋根を配し、二階には東西に五室広間を並べ、
その南北に広縁を通し、一階は数室の小部屋に間仕切られています。
その小部屋の一つが大宰治が執筆に明け暮れた「桔梗の間」です。

船橋市教育委員会からの受賞牌